WEBコンサルティング

思い立ったらすぐ行動する派?行動するほうが良い理由。

物事を始めるのに一番いいタイミングは2種類あります。

一つは、新規で物事を始めるタイミング。

もう一つは、物事を始めた後、運用方針を考え直すタイミング

まず、物事を始めるタイミングとしてお薦めしたいのは、

「思い立ったらすぐ行動」するほうが良いということです。

例えば、

広告をやったことがない人の場合、売上が上がらないタイミングに合わせて広告でチャンスに飛び乗ろうとするのですが、

のチャンスを待つより複利効果を優先させましょう。

その理由として、チャンスを掴むまで想像以上に時間がかかるということと。

さらに、今がチャンスだと思った時でも、時間がなくまと外れの場合のほうが多いようです。

それならば少しでも早く始めて、効果と行動を優先させることが重要です。

広告制作も思った以上に時間がかかりますし、時間を無駄に使うのはもったいないです。

2つ目、広告での運用方針を考えるタイミングです。

・リラックスしている時

・朝の脳がすっきりしている時

人により集中できる時間帯とかあるので、自分にあった落ち着ける場所を見つけること。

その環境で、広告の運用方法を考えていけば良いですが、

多くの経営者は現実現場優先であったり、他にやらなければいけないことを優先させて、なかなか広告を始められない。

行動に移せないのが本音だと思います。

それならば、行動を決めてもらう、プロに任せてみてのも1つ?

今のネット社会では情報は簡単に手に入ります。

しかし、簡単に手に入るから、言い換えればそこがチャンスかもしれません。

だから、すぐ行動しないと意味がありません。

これからの時代にとって大事なのは決断するスピードだと思います。

早い決断することでチャンスはそこに。

このチャンス!乗り遅れないでください。

関連記事

  1. ウォルトディズニーに学ぶ「一流」テーマパークビジネスとは

  2. 企画書・プレゼン・交渉あらゆるシーンでもう困らない!

  3. テレビ、CMで話題のミラブルプラス

  4. 利用者の声を活かして、販売力をアップする

  5. 初心者必見!カンタンに素早く作れる動画ソフト

  6. 効能や効果を表示した「体験談風広告」で違法宣伝。

PAGE TOP