最新&NEWS

ネット通販の不正出品の監視強化、サイト運営業者に責任 政府新法検討。

ネット通販の消費者を保護する新法がやっと作られるようだ。

電子商取引(EC)の不正出品防止策にやっと政府が乗り出す。オンラインショップやフリーマーケットの出店を提供するECサイト運営者に、出品者の本人確認やトラブルが発生したときの責任を明示するよう求める。

あたかも本物のブランド品を安く買えるとうたったECサイト。実は、偽ブランド品を販売する事例が横行しているため、悪質な出品者の排除をECサイト運営者に促す。

2021年1月の通常国会に新たな法案を提出する予定だという。通販などを規制する特定商取引法も改正する見通しだ。

対象は、オンラインショッピングモールやフリーマーケットを運営しているアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピング、メルカリなどが手掛けるネット通販サービスは原則としてすべて新しい規制の適用を受ける。

新たな法律の柱となるのは、

出品する企業や個人の身元をしっかりと確認する強化。出品者の氏名や住所、連絡先といった本人確認をどう実施しているかを運営業者に開示させる。人命や安全に関わる場合は、こうした情報を直接、消費者に開示させる。

現在でも、サイト運営者は身元確認情報の届け出をしているようだが、ECサイト運営会社によって決めているので対応がバラバラ。しっかりとした法律などでも規定していないようだ。

また一方では、企業での出品者には登記簿謄本や印鑑証明の提出を求め、銀行口座の情報とも照合する場合がある。

消費者庁は4月に、有名高級ブランドの偽物を出品業者に、特商法違反で一部業務停止を命じた。

だがその業者は運転免許証など代表者の本人確認用の書類を偽造しており、消費者庁は処分相手を追跡できなかったと言う。悪質な業者に立ち入り検査や業務改善命令などの行政処分をしようにも、身元確認ができずに見送らざるを得ない事例が増えている。

一方で正規ブランド品の販売運営者にとっては詳細な情報の検証は負担になり、コスト要因になるとの指摘もある。

2018年に18兆円と前年より1.5兆円拡大した。

経済産業省の報告書によると、企業から消費者向けの国内EC市場は、

電子商取引(EC)の不正出品防止策にやっと政府が乗り出す。オンラインショップやフリーマーケットの出店を提供するECサイト運営者に、出品者の本人確認やトラブルが発生したときの責任を明示するよう求める。

ネット通販の消費者を保護する新法がやっと作られるようだ。

あたかも本物のブランド品を安く買えるとうたったECサイト。実は、偽ブランド品を販売する事例が横行しているため、悪質な出品者の排除をECサイト運営者に促す。

2021年1月の通常国会に新たな法案を提出する予定だという。通販などを規制する特定商取引法も改正する見通しだ。

対象は、オンラインショッピングモールやフリーマーケットを運営しているアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピング、メルカリなどが手掛けるネット通販サービスは原則としてすべて新しい規制の適用を受ける。

新たな法律の柱となるのは、

出品する企業や個人の身元をしっかりと確認する強化。出品者の氏名や住所、連絡先といった本人確認をどう実施しているかを運営業者に開示させる。
人命や安全に関わる場合は、こうした情報を直接、消費者に開示させる。

現在でもサイト運営者は身元確認情報の届け出をしているようだが、ECサイト運営会社によって決めているので対応がバラバラ。しっかりとした法律などでも規定していないようだ。

また一方では企業での出品者には登記簿謄本や印鑑証明の提出を求め、銀行口座の情報とも照合する場合がある。

消費者庁は4月に、有名高級ブランドの偽物を出品業者に、特商法違反で一部業務停止を命じた。

だがその業者は運転免許証など代表者の本人確認用の書類を偽造しており、消費者庁は処分相手を追跡できなかったと言う。悪質な業者に立ち入り検査や業務改善命令などの行政処分をしようにも、身元確認ができずに見送らざるを得ない事例が増えている。

一方で正規ブランド品の販売運営者にとっては詳細な情報の検証は負担になり、コスト要因になるとの指摘もある。

経済産業省の報告書によると、企業から消費者向けの国内EC市場は2018年に18兆円と前年より1.5兆円拡大した。

個人での取引をするフリマアプリは約6400億円と32%増加。

ネット通販では衣服や財布などの偽ブランド品以外にも、電子機器などで性能を偽る商品も流通している。安全規格を満たさず、人命に関わる被害も出ている。

政府は巨大IT(情報技術)企業に対し、主に市場独占を防止する規制を強めている。今年は取引相手との契約条件の開示を義務付ける取引透明化法が成立した。

関連記事

  1. 購買履歴でスマホに広告

  2. ホームページにユーザーを増やすにはどうしたらいいか?

  3. 12月4日にGoogle検索においてコアアルゴリズムアップデートが実施…

  4. 目標を立てても 「飽きやすい」「長続きしない」ことありませんか?

  5. 初心者必見!カンタンに素早く作れる動画ソフト

  6. 思い立ったらすぐ行動する派?行動するほうが良い理由。

PAGE TOP