ランディングページでさらに集客アップ。

ランディングページ(LP)は、来訪者に一番印象を与え、問合せやコンバージョン率を上げてくれます。そのためインパクトが必須になってきます。下記は、食品会社のランディングページ(LP)を作成したときの構成トップイメージです。

1.ターゲットは明確であるか

事例では、大手ECサイトのランディングページ(LP)で、のカテゴリーは「食品会社」という部分になります。誰に向けて購入してほしい商品なのかを明確にすることが大事です。ターゲットの範囲が広い場合は、どんな方に購入してほしいか、どんな方の購入率が高いかを考えて、ターゲットの選定を行います。

2.販売商品は明確であるか

事例では「おせち」が商品になりますが、良くありがちなのは複数の商品を置いてしまうケースです。1ページに1つの商品。制作費がもったいないからと言って、1ページに何商品もあると軸がぶれてしまいますので注意が必要になります。

3.販売(掲載)実績はあるか

事例では、「雑誌掲載」になります。「伝統的な純和風の三段重に仕上げた石昆のおせち料理「祝御膳三段重」がこのたび、月刊誌「おとなの週末」で「絶品グルメ賞」に選ばれました」。例としては、「おかげさまで20年!」など分かりやすく安心感があると良いでしょう。

伝統的な純和風の三段重に仕上げた石昆のおせち料理「祝御膳三段重」がこのたび、月刊誌「おとなの週末」で「絶品グルメ賞」に選ばれました。

4.お申込み、電話番号があるか

お申込みボタンや電話番号がファーストビューの時点で見えているかどうかが大事になります。始めの3秒で決まると言われていますので、必ずコンバージョンを生み出すボタンが必要になりますね。

5.限定やプレミアム感は出ているか

事例は「おせち料理」冬季限定商品となります。

6.価格は明確に提示しているか

見積りが必要な案件の場合は、トップに「無料見積もり」と大きく入れておきましょう。また、見積もりの場合は、見積もり事例で3つ以上金額を出しておくことが重要になります。Aさんの場合は10,000円で、Bさんのプランだと20,000円など方法はいくつかあります。

LPサイトのストーリー性とコンテンツ

LPサイトで集客が繁盛に出来ているページはサイトのストーリー性と連結性が抜群に良いです。サンプル事例を確認してみてください。ストーリーは各ジャンルによって異なりますので、あくまでも事例の範囲です。

1.他社と金額やサービスを比較する

世の中には市場価格や競合他社がある程度必ずいるものです。他社と比べて何が優れていて、何が優れていないのかを明確にすることが大事です。

金額で比較する場合やサービス内容で比較する場合など様々です。

2.なぜ高いか?理由を明確に

サイト上の商品やサービスには高いか安いか、他社の情報と比較して思われます。そのため、安すぎたら不安になるのを防ぐために安い理由を明確にします。今回であれば「美容業界に特化しているLP専門だから他社より安い」というのが理由です。顧客は安かろう悪かろうでは購入してくれない時代ですね。

3.お客様の声や事例

お客様の声はなるべく顔を出してコメントを貰うようにしましょう。顔が出せないものは手書きで書いてもらい、そのまま画像で掲載してしまいましょう。

始めたばかりのサービスや商品等は事例を必ず出しておきましょう。

運営しながらお客様の声を集めることも大事ですね。

4.サービスの流れ

サービスの流れや商品の郵送の流れなどは必ず掲載しておきましょう。意外を分からない場合が多いので、丁寧に書いておくことが重要です。こちらも反響率が大きく変わってくるコンテンツの1つでしょう。

5.会社概要

集客型ホームページの中で見られるページベスト5位にはいるページが会社概要です。しっかりと会社概要は掲載しておくことが大事です。会社の外観やスタッフの集合社員などがあればなお良いですね。

6.良くある質問

半分はSEO対策のために掲載します。ただ、コンバージョンする方は文章を良く読んでから決める率が高いのでしっかりと掲載しておきましょう。

ランディングページ制作事例はコチラ

PAGE TOP