12月4日にGoogle検索においてコアアルゴリズムアップデートが実施。

12月のコアアップデート実施でどのカテゴリに影響があったのか?

12月4日にGoogle検索において、コアアルゴリズムアップデートが実施されました。今年3回目というかなり異例のアップデートとなったようです。

今回のアップデートは5月にも実施された「医療健康系ワード」は大きく変動したようです。
また、今年は情報メディアサイトよりも公式サイトが上がるなど、今後もE-A-Tを評価していく流れが続き今後も継続すると考えられます。

ちなみにE-A-Tとは、
・Expertise(専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness(信頼性)

の3つのことです。

まさに、公式サイトからの情報発信がとても大切になってくるということです。
まだ、コンテンツマーケティングを実施していないクライアントには、ぜひご確認ください。

Later today, we are releasing a broad core algorithm update, as we do several times per year. It is called the December 2020 Core Update. Our guidance about such updates remains as we’ve covered before. Please see this blog post for more about that:https://t.co/e5ZQUAlt0G

— Google SearchLiaison (@searchliaison) December 3, 2020

上記の日本語訳

本日、年に数回実施しているように、幅広いコアアルゴリズムのアップデートを発表します。これは、2020年12月のコアアップデートと呼ばれています。このような更新に関する当社のガイダンスは、以前にも取り上げたとおりです。それについての詳細はこちらのブログ記事をご覧ください:https://t.co/e5ZQUAlt0G

- Google SearchLiaison (@searchliaison) 2020年12月3日

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。